読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平野勝之監督作品「流れ者図鑑」のこと。

「流れ者図鑑」という忘れられない作品があります。
AV監督と、監督のたまごであり監督の愛人でもある女性との不倫旅行を撮ったドキュメンタリー。
「V&R」というAVメーカーから発売されたこの作品ですが、決してエロくはありません。
むしろ絶対にヌケない!!(そもそも「流れもの図鑑」発売当時のV&Rはヌケない作品を作ることで有名だったらしい。)

2011年に公開された「監督失格」で平野勝之監督を知った私は、監督が撮る映像の中に映し出される「むきだしの人間たちの姿」に惹かれて
その後も平野監督の作品が渋谷のアップリンクで上映されるたび、遠方から映画館に赴いていました。

www.youtube.com

 

その中でも印象的…というかもはやトラウマになっているのが先にも言った「流れもの図鑑」です。
自転車で北海道を旅する過酷な不倫旅行。
過酷な旅に2人の関係は徐々に不穏な雲行きを見せていきます。

 

弟子である愛人を一時たりとも甘やかさない平野監督と、
自意識の塊で、素直に感情を出さない愛人の松梨さん。

 

両者全く歩み寄ろうとせず、旅を重ねるほど2人の関係は悪くなるあまりに自転車不倫旅行は終了してしまうという最悪の旅の終わりを迎える……みたいなラストでした。
(かなり前に観たから間違えているかもしれません。)

 

この映画の何がトラウマを作る要因になったのかというと、
松梨さんの狂いっぷりが凄まじかったからです。
監督にぶつかりたくても、不器用なせいか、はたまたぶつかることが弱みを見せることだと思っているのか、
彼女は奇人のように振る舞うのです。(カメラの前で独白するところが怖かったなぁ。)

かなりイタくて気持ち悪い人間に映っていた彼女ですが

なにより、私も彼女のように自意識でがんじがらめになっている人間なので自分を観ているようで辛かったです。

今思い出しても、胸のとこらへんが苦くなります。
幸せになっているといいなぁ、松梨さん…。